HOME 製品・サービス ラジアラート

災害情報自動読み上げシステム 「ラジアラート」

地震情報、津波情報、台風情報、河川氾濫情報、避難所情報 etc.
安全に関わる情報を、迅速に地域住民へ

災害時に自動放送

Lアラートは、安心・安全に関わる公的情報など、住民が必要とする情報を迅速かつ正確に住民に伝えることを目的とした情報基盤です(マルチメディア振興センター運営)。 Lアラートを介して発進される情報には、気象庁が発信する地震情報、気象警報、注意報、各自治体が発表する避難勧告・指示情報などがあり、いずれの情報も、防災のため、また被災した際の安全確保のため、地域住民にとっては極めて重要な情報です。 Lアラートの情報は、テレビ、ラジオなどのメディアを介して地域住民に届けられます。

当社は、このLアラート情報を、災害発生時に即座にラジオ放送に割り込んで自動放送するシステム「ラジアラート」を開発し、全国のコミュニティFM局に提供しています。

防災への想い

契機は東日本大震災

最新の災害情報をいち早く、より多くの人に

地域密着の情報源として、そして災害時には地域の防災情報の伝達手段としての使命を持つコミュニティFM。 しかしコミュニティFMの運営リソースは限られており、24時間365日体制で局員が対応するのは無理があり、また局員自身が被災して局に来れない事態も起り得ます。 東京都中央区、銀座や東京駅といった日本最大級の商業街を放送エリアとする大手コミュニティFM局「中央エフエム」でさえも対応に苦慮しており、東日本大震災によって東京でも余震が続く中、その限界に直面することになりました。

そんな折、被災地東松島市へ支援物資を届ける活動の中で当社と中央エフエムが知り合い、この自動放送システム「ラジアラート」のプロジェクトがスタートしました。

その後、ラジオ局向けの放送機器を製造販売する(株)ミウラ、音声エンジンを開発するHOYA(株)がプロジェクトに加わり、当社はこれらの協力者とともにプロジェクトを強力に推進してきました。 2016年の中央エフエムでの本番運用を皮切りに、東海地方、東京都内、神奈川県、北陸地方など各地のコミュニティFM局に「ラジアラート」を提供しています。

日本は東日本大震災の後も度々自然災害に見舞われ、時には甚大な被害が発生しました。それらの多くの場合ではLアラートが危険情報を発しています。 その情報を一人でも多くの人に届けることができたなら、インターネットを使わないお年寄りにもラジオを通じて届けることができたなら、車を運転中の人にカーラジオを通じて伝えることができたなら、もしかしたら救えた人がいるのではないか。

今後も決して無くなることがない自然の脅威。自分たちの技術で、一人でも多くの人を救えるように、少しでも不幸を減らせるように、使命を胸に開発を続けています。

事例葛飾区内での停電情報

お聴きの放送は 葛飾エフエムです。番組の途中ですが 停電情報をお伝えします。東京電力によりますと、6月6日、14時57分頃より、葛飾区内で停電が発生しています。復旧は16時40分頃を見込んでいるということです。停電が発生している地域は次の通りです。宝町1丁目、約200軒。四つ木5丁目、約300軒です。 葛飾エフエム 停電情報でした。

[解説] Lアラートの電文情報からわかりやすく聞き取りやすい「読み原稿」を自動生成。音声変換して自動放送。復旧見込みもあわせて伝えることで、不安が少しでも和らぐようにしています。

事例天竜川の氾濫注意情報

番組の途中ですが、エフエムハローより、エルアラート、河川洪水予報をお伝えします。 5日、6時20分に、静岡地方気象台が、天竜川下流氾濫注意情報を発表しました。 天竜川の中ノ町水位観測所(浜松市)では、当分の間、「氾濫注意水位(レベル2)」を超える水位が続く見込みです。引き続き、洪水に関する情報に注意して下さい。 はん濫による浸水が想定される地区 浜松市 天竜区 浜北区 東区 南区 西区 東区 南区 西区 磐田市 福田 竜洋 豊田 豊岡 福田 竜洋 豊田

[解説] 同じく「読み原稿」を自動生成、音声変換して自動放送。水位レベルに応じて自動放送するかどうかを切り替えることも可能です。

発表・報道等