Science Impact Inc.
明細書原稿 図面 出願資料

特許データの受け渡し、
セキュリティは大丈夫ですか?

メール添付での受け渡し 盗み見される可能性あり
多くの企業は禁止しています
無料のファイル転送サービス セキュリティは大丈夫ですか?
ビジネスユーズにたえますか?
一緒に機密情報を扱うことを前提にしていません

誰かに盗み見される危険性をはらんでいます

とはいえ、郵便やFAXで送るのも大変だし修正ができないし…

本システム『機密情報暗号化送信システム ExFile』は

▶ ブラウザを使って簡単にファイルを送受信できるシステムです

▶ 鉄壁のセキュリティ性能で機密情報を守ります

▶ 送付相手にも負担を掛けません

わずか2ステップで〝簡単に〟送信可能

相手のメールアドレス、送信するファイル等を選択します。メッセージを入力することも可能です(メッセージも暗号化により安全に送れます)。
あらかじめ文面が用意されているので、必要に応じて追記するだけです。英語の文面も用意されています。

軍事レベルにも耐える鉄壁のセキュリティ性能

  • ファイルやメッセージを暗号化した状態でサーバーに保存します。暗号化されているため、たとえサーバーが盗難にあったとしてもデータの解読は不可能です。
  • 更に、地理的に離れた2箇所のサーバーにデータを分散して保存します。一方のサーバーが乗っ取られたとしてもデータの解読は不可能です。
  • 通信経路は 256bit SSL によって暗号化。傍受を防いで安全に通信。
  • ブルートフォース攻撃 (brute-force attack) に対する万全の対策。ブルートフォース攻撃を常時監視し、攻撃を受けたら直ちにアクセス遮断します。
  • 一定時間が経過するとファイルを自動消去。万全の上に万全を期した堅牢なセキュリティー設計。

取引相手は本システム導入不要

受取側はメールから簡単にダウンロード可能

メールが届きます。メール内のURLをクリックします。
ダウンロードページが開きます。ファイルのダウンロード・メッセージの確認が可能です。送信相手にメッセージやファイルを返信することも可能です。

相手の受取状況も確認可能

送信後にダウンロード禁止にすることも可能

企業知財部で導入するメリット

 取引先の特許事務所は本システムを導入する必要はありません。
 取引先の数に制限はありません。

特許事務所で導入するメリット

取引先専用ページの例

 取引先の企業は本システムを導入する必要はありません。
 取引先の数に制限はありません。

業務効率向上に役立つ便利機能

英語版ダウンロードページ・メールひな形

海外との取引に便利です。文面をその都度作成する必要がなく、数クリックで送信完了できます。

ダウンロード通知機能

送信相手がファイルをダウンロードするとメールでお知らせ。相手が受け取ったかどうか気を揉む必要がありません。

返信通知機能

取引先から返信があるとメールでお知らせ。メール文面のリンクから、返信内容に1クリックでアクセスできます。

受信箱機能

取引先から受け取ったメッセージ・ファイルを一覧表示。やり取りの状況が一目で確認できます。

取引先から安全に受け取れる「私書箱機能」

使用実績

機密情報を扱う各種事業者様にお使い頂いています。

プラン

ユーザー数に応じて最適なプランをご利用頂けます。
料金は月額料金制です(ユーザー1名あたり1400円/月から. ※プランによって異なります)

スモールプランスタンダードプランミドルプランアドバンスプラン
ユーザー数10名まで25名まで50名まで100名まで
ディスク容量※140GB100GB200GB400GB
投函ユーザー数※2無制限無制限無制限無制限
ファイル保存期間1~30日選択可1~30日選択可1~30日選択可1~30日選択可
ページスタイル設定無制限無制限無制限無制限

ご利用までの流れ

Step1: [お問い合わせ]

会社名・事務所名、担当者様のお名前、ご希望のプランを下記お問い合わせ先までご連絡ください。弊社より料金見積を添えてお返事いたします。

Step2: [お試し利用]

使い勝手をご確認頂くため、1ヶ月の無料お試し期間を設けています。料金見積をご確認頂いた上で利用をご希望される場合は、その旨をお申し出ください。お試し用のアカウントを作成してメールにてお渡しいたします。

Step3: [正式お申し込み]

お試し期間の終了までに正式申し込みのご連絡を頂くことにより、お試し用のアカウントがそのまま正式のアカウントに移行されます。お試し期間中に送受信したファイルや送信記録、設定をそのまま引き継いでご利用いただけます。

お問い合わせ・お申し込み: contact@science-impact.co.jp

お気軽にお問い合わせ下さい。